好きなことを好きなように
<< 恋する静物―静物画の世界 | main | 紫野和久傳(むらさきのわくでん)@ミッドランドスクエア(名古屋駅) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • スポンサードリンク
長襦袢地などで腰紐(仮紐)を作ってみました
JUGEMテーマ:和装の愉しみ
 着付けの時に仮紐を使いますが、戴きものの絹の紐が外す時に滑りがよくて愛用していました。
ただちょっと短いんですよね…本来は何の用途なのか不明ですが、余った長襦袢地で出来てるみたい。

  余った長襦袢地なら羽裏で使った残りがいっぱいあるし、解いた着物の八掛なんかも使えそう。
筒状に縫うだけなら簡単だけど、折角作るならきちんとしたいいものを作りたい…と検索してみると、ありました。
こちらを見ながら、かなり満足いくものができました。

 1本目は説明どおり作ってみましたが、仮紐ならもっと短い方がいいよね、とくたびれ気味の帯揚げで作ったら1枚から2本取れて長さもいい感じ!(細くていいならの方法でも3本取れるかも?)
 着物としては着れなくなってしまったものの生地を継いで入れれば思い出の着物を身近に感じられるし、デザインに変化も付いて面白い♪長さのない生地も活かせる♪生地はどれとどれを合わせると素敵かな?とテンション上がってます。
 かなりきちんとした出来上がりになったので、お友達へのちょっとしたプレゼントにもいいかも。

 こうして絹に触れていると、和裁を習いたい…と思うけれど、なかなか名古屋では難しいみたい…
通信講座の資料を取り寄せてみようかな〜。
スポンサーサイト
  • -
  • 13:57
  • -
  • -
  • -
  • -
  • スポンサードリンク









http://kyoseye.jugem.cc/trackback/193

COUNTER


昨日 今日
 
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
SEARCH

RECOMMEND

ABOUT ME
BOOKLOG


LINKS
OTHERS